こんな入れ歯のお悩み、ありませんか?~入れ歯のお悩みQ&A~

当院には入れ歯の悩みを抱えた、多くの患者様がいらっしゃいます。このページでは患者様から寄せられた入れ歯に関するお悩みやご質問と、当院における解決法をご紹介します。

Q.硬いものを噛めなくなりました。以前のように食事を楽しみたいのですが?

はい、可能です。合わない入れ歯で硬いものを噛みくだくと、痛みが生じる場合があります。痛みがなくても、ステーキや皮つきのフルーツを噛みきるのは、入れ歯だと大変むずかしいといわれることです。

しかし当院の入れ歯は、食事の際に筋肉がどう動くかといった点にまで配慮し、作成します。そのためご自分の歯とあまり変わらない噛み心地が得られ、食事を楽しんでいただけます。

Q.外れてしまうのがこわくて、人前で口を開けて笑えません。どうにかなりませんか?

はい、改善できます。当院では患者様それぞれの口の動きや骨格に配慮し、しっかりと吸着する入れ歯をおつくりしますので、ご安心ください。きちんと直せば、人前で口元を気にせずに自然に笑えるようになると思いますよ。

Q.総入れ歯なのですが、上あご用の入れ歯がよくはずれます。改善できますか?

調整で改善可能な場合と、つくり直しが必要な場合があります。

上の総入れ歯が脱落する場合、
・入れ歯の重さ  ・吸着力の不足  ・噛み合わせの不良  ・噛みぐせ
といった原因が考えられます。

重さが原因であれば、素材や厚みを考慮したつくり直しが必要です。吸着力の不足や噛み合わせの不良は、調整が可能。噛みぐせが入れ歯に適していない場合は、機能訓練が必要になります。

Q.最近歯ぐきがやせて、入れ歯が合わなくなった気がします。調整すれば直りますか? それともつくり直しが必要ですか?

症状にもよりますが、多くの場合ではつくり直す必要はなく調整で事足ります。歯ぐきがやせた場合には、内側にレジン(歯科用樹脂)をつぎ足し、合わせることになります。

Q.何度入れ歯をつくっても、割れてしまいます。なんとかなりますか?

はい、そういった方には人体への安全性が高いチタン製の入れ歯をおすすめしております。チタンは丈夫で軽いため、定期的にきちんと調整すれば長期間にわたって快適にお使いいただけます。

Q.総入れ歯での噛み方の注意点はありますか?

はい、両側の歯で均等に噛んでください。片側だけで噛むと、口の中で入れ歯が傾き、ずれてしまいます。前後でのそういった傾きを予防するため、総入れ歯は前歯で噛む力にも考慮しておつくりします。

Q.入れ歯洗浄剤は使ってもよいですか?

はい、使っていただいても大丈夫です。総入れ歯用と部分入れ歯用のものがありますので、お使いの入れ歯に合ったものをお選びください。

Q.入れ歯は寝るとき、外すべき?

はい、夜は外してよく洗い、翌朝また装着しましょう。残っている歯の状態や、入れ歯の種類によっては、装着したまま寝ても問題がない場合もあります(こうした場合でも、寝る前にはよく洗浄することが必要です)。1日1回は入れ歯用歯ブラシでしっかりとみがき、流水でよく洗い流してください。

入れ歯が合わない原因を探りましょう現在の入れ歯が合わない方はこちら

「入れ歯が合わない」「痛い」という方に当院の入れ歯治療へのこだわりはこちら